自分の腎臓は大丈夫かチェックしよう!

肝臓や心臓の病気を気にする人は多いですね。しかし、なかなか注目されない腎臓も人間にとって重要な臓器の1つとされています。腎臓と言うと尿を作って排出しているところ、というイメージしかない人も多いでしょうが、その他にも様々な役割を担っている大切な器官なのです。

なかなか意識しないからこそ、危ない!?

肝臓や心臓と違って腎臓を意識する人はあまりいないようです。そのため知らないうちに機能が低下していたり、病気になっていたりすることは少なくありません。その上、腎臓病は初期段階だとほとんど自覚症状がないとも言われているのです。そのため気付いた頃には重症化していた…ということも少なくないといいます。

 

自分でできる簡単腎臓チェック

自分の腎臓は大丈夫なのか…と、不安に思う人は多いでしょう。
それでは、誰でも簡単にできる腎臓病チェックをご紹介します。

  • 以前よりもトイレに行く回数が多くなった(或いは減った)
  • 原因不明の関節痛に悩んでいる
  • 以前よりも尿の色が濃い
  • 血糖値が高い(或いは糖尿病を患っている)
  • 泡だった尿が出る
  • 毎朝起きるのが辛い
  • 手足など、全身がむくんでいる
  • 常に倦怠感がある
  • 肩こりが酷い
  • 血圧が高くなった
  • 食欲が低下した
  • 激しい運動をしたわけではないのに動悸がする

 

さて、いくつ当てはまったでしょうか?

 

当てはまる数が多いほど、腎臓に負担がかかっているか、腎臓病にかかっている可能性があります。
早めに対策を行って重症化しないように心がけていきましょう。

 

あまり当てはまらなかったという人でも、日頃から腎臓に負担をかけないようにしていくことは大切です。
このサイトでご紹介する基礎知識を身につけて、健康な腎臓を維持していけるようにしましょう。

 

牡蠣の3つの注目成分!美味しい牡蠣が健康に役立つの?

牡蠣

牡蠣と言えば美味しい食べ物という印象ですが、実は健康のためにも役立つ食材でもあるということを知っていますか?美味しいだけじゃない牡蠣の健康に役立つ理由を3つの注目成分からご紹介します。

 

1つ目は亜鉛の含有量がトップクラスであるということです。
亜鉛が不足してしまうと味覚障害になってしまったり、脱毛に悩まされてしまうことがあります。なので亜鉛を摂取することによって、味覚の正常化や美髪を保つなどの効果が期待でいます。その他にも亜鉛には免疫力向上や精力増強という効果もあるとされています。
亜鉛サプリのランキング

 

2つ目は肝機能を高めてくれる成分であるグリコーゲンです。
グリコーゲンは肝臓に蓄積され、エネルギーが必要になると糖質に変換されエネルギーに変化します。
効果としては疲労回復などがありますので、お酒を飲む際に一緒に牡蠣を食べてみるのがおすすめです。
また牡蠣に含まれるグリコーゲンとタウリンにはインスリンの分泌を促す効果が期待できます。
そのため、糖尿病を予防してくれることにも期待することができます。

 

3つ目に注目したいのは鉄分についてです。
牡蠣には鉄分も含まれるのですが体内に吸収しやすいヘム鉄が豊富で、さらに鉄分の吸収をサポートする銅も豊富です。
さらに造血に役立ってくれる葉酸も含まれているので貧血に悩まれている方には嬉しい食べ物になっています。
牡蠣にレモンをかけ、一緒にビタミンCを摂取するとより吸収率を高められるのでおすすめです。
女性には嬉しい成分ではありますが、カロリーが気になってしまいますよね。
実は20gの牡蠣1個あたりのカロリーは低く、およそ12kcalほどです。
牡蠣はあまりカロリーを気にせず食べられる食材でもあります。

 

この3つの注目成分の他にも牡蠣にはビタミン類、カルシウムなど様々な栄養素が含まれています。
もちろん食中毒などの心配があるので、食べようとしている牡蠣が加熱用なのか生食用なのかしっかりと確認するようにしてください。
どうしても心配という方は牡蠣そのものではなく、牡蠣エキスが配合されているサプリメントなども販売されているので、そちらを試してみても良いと思います。
健康のために、ぜひ美味しい牡蠣を取り入れてみてくださいね。